使用上・施工上のご注意

HOME ≫ 商品の取扱いに関するお知らせ ≫ 使用上・施工上のご注意

使用上・施工上のご注意

大仙エクステリア製品を、安全にご使用いただくために、次の点につきましては、十分注意していただきますようお願いいたします。

組み立てに際しては次の項目を守ってください。

  • ●製品の組立については、備え付けの取扱説明書を十分読んで、その指示に従ってください。
  • ●組立の際、ボルト・ビスは規定本数を確実に締め付け固定してください。
  • ●アルミ製品と銅板やガラス等の異種金属が接触しないようにしてください。接触する場合にはビニールテープ等を貼るか塗料等で絶縁処理をしてください。
  • ●腐食の恐れのある接着剤や化学薬品を使用する場合には、製品と接触しないようにするか、接触する部分を完全に養生してください。
  • ●製品の運搬・組立時に、傷を付けないように注意してください。
  • ●基礎部の埋込み深さは製品ごとに決めてありますが、現場によって(堅牢な地盤、軟弱な地盤等)、基礎部のコンクリートの量(体積)を十分配慮してください。
  • ●塩分を含む砂は使用しないでください。
    モルタルに使用する砂は、塩分を含まないものにしてください。市販の塩分を含まないプレミックスモルタルは、異常腐食防止に有効です。
  • ●塩素系及び強アルカリ系のコンクリート用混和剤は使用しないでください。凍結防止剤や凝固促進剤を用いる場合、塩化カルシウムなどの塩素系化合物を含む混和剤や強アルカリ化合物を含む混和剤を使用しますと、異常腐食の原因となります。非塩素系・非アルカリ系の混和剤をご使用ください。
  • ●埋め込み柱内部にモルタルやコンクリート等が入ったり、水が溜まらないようにしてください。柱内部の異常腐食や柱の凍結破損の原因になります。
  • ●施工時に製品の表面に付着したモルタルやコンクリート等は、速やかに拭き取ってください。
  • ●カーポートの強度確保のために水勾配がある場合には、水下側の柱の埋め込み深さを基準通りに確保してください。
  • ●ガス器具等の排気によりアルミの塗装が剥がれる恐れがあります。付近での設置は避けてください。
点検・清婦について

組立・施工完了後にボルト・ネジ類の緩みがないかを点検し、施工時の汚れを取り除いてください。
また組立・施工中に誤って付けた傷は腐食の原因になりますので、必ず補修塗装を行ってください。

使用方法及びメンテナンスの説明について

取扱説明書を施主様にお渡しするとともに、使用方法及びメンテナンスについて説明を行ってください。
特にプラスチック類の屋根部を、ビニールシートで覆ったり、除草剤や殺虫剤が付着したりすると、クラック発生の原因になりますのでよくご説明ください。


このページのトップへ

テラス

使用上のご注意

製品の破損などによる物の落下・人の転落・建物の損害等の危険がありますので、以下の使い方を守ってください。

  • ●屋根に物を乗せないでください。
  • ●屋根に乗ったり、または柱に登ったり、ぶら下がったりしないでください。
  • ●下表の積雪量になる前に、必ず雪下ろしを行ってください。
雪下ろしの目安

注:積雪量1cmあたり30N/㎡(3kgf/㎡)の単位量にて算出しています。湿った雪の場合、1㎝あたりの重さがさらに大きくなる場合がありますので、早めに雪下ろしを行ってください。

  • ●パネルに火を近づけないでください。
  • ●商品に電線を巻き付けないでください。漏電により感電する恐れがあります。
  • ●雪下ろしの際に金属性のスコップを使用すると屋根を傷付ける事がありますので、プラスチック製のスコップ等で静かに行ってください。
  • ●雪下ろしの際には、はしごを使用しないでください。落下事故につながるおそれがあります。脚立や踏台などを安定した場所に設置してから雪下ろしをしてください。
施工上のご注意
  • ●商品の施工については必ず取付説明書に従ってください。また、施工完了後に説明書を施主様にお渡しください。
  • ●本商品の設置高さは2階及び一部3階を上限としています。それを超える場所への取付はできません。
  • ●設置する地域の気象条件に合わせて、適応したものをご使用ください。
  • ●屋根の雪などが落下する恐れのある場所、または強風が屋根を吹き上げる恐れのある場所への設置はしないでください。
  • ●風当たりの強い場所では、テラスの周囲を囲わないようにしてください。風が抜けなくなり、破損の恐れがあります。

このページのトップへ

フェンス

使用上のご注意

製品の破損などによる身体の破損等の危険がありますので、以下の使い方を守ってください。

  • ●揺すったり、乗ったり、寄り掛かったりしないでください。
  • ●雨具・洗濯物・布団等を乗せないでください。
  • ●防護柵や手すりの機能はありません。高低差のある境界や ベランダ、廊下、屋上等転落などの重大事故が起きるおそれのある場所には、使用しないでください。
施工上のご注意
  • ●商品の施工については必ず取付説明書に従ってください。また、施工完了後に説明書を施主様にお渡しください。
  • ●組み立ては、所定のねじを使用して最後まで締め付けてください。締め付け不良は、漏水や事故原因になります。
  • ●埋め込み部分の柱内部には、凍結破損防止のため、発砲スチロールが挿入されています。施工時に抜き取らないでくだ さい。冬期、柱内に侵入した水が凍結した場合、柱が膨張し、ブロック割れの原因になります。
  • ●凍結破損防止のための水抜き穴は、コンクリート・モルタルで塞がないでください。
  • ●コーナー部には風が集中しますので、(自由柱施工の場合)必ず柱は2本以上で施工してください。
  • ●柱の埋め込み部分先端には、柱内部へのモルタルの侵入防止のために小口キャップが取り付けられています。侵入したモルタルによって柱が腐食膨張するおそれがあり、ブロック割れの原因になります。

このページのトップへ

カーポート

使用上のご注意

製品の破損などによる物の落下・人の転落・建物の損害等の危険がありますので、以下の使い方を守ってください。

  • ●屋根に物を乗せないでください。
  • ●屋根に乗ったり、または柱に登ったり、ぶら下がったりしないでください。
  • ●下表の積雪量になる前に、必ず雪下ろしを行ってください。
雪下ろしの目安

注:積雪量1cmあたり30N/㎡(3kgf/㎡)の単位量にて算出しています。湿った雪の場合、1㎝あたりの重さがさらに大きくなる場合がありますので、早めに雪下ろしを行ってください。

  • ●雪下ろしの際に金属性のスコップを使用すると屋根を傷付ける事がありますので、プラスチック製のスコップ等で静かに行ってください。
  • ●雪下ろしの際には、はしごを使用しないでください。落下事故につながるおそれがあります。脚立や踏台などを安定し た場所に設置してから雪下ろしをしてください。
  • ●当社指定付属品以外(アンテナ・物干し等)は取付ないでください。
  • ●付近で除草剤や殺虫剤を使用しますと、屋根材等のクラックの発生原因となりますので、使用しないでください。
  • 施工上のご注意
    • ●弊社のエクステリア商品は、社内基準に準拠しており安全にご使用いただけるように設計されています。その設置場所や地域・用途により法規や条例などの制限を受ける場合がありますので設置する場合には、その地域の所轄窓口にご確認ください。
    • ●組立については必ず取付説明書に従ってください。施工完了後に説明書を施主様にお渡しください。
    • ●一般地域用以外に設置する場合はその地域の気象条件に合わせて、適応したものをご使用ください。
    • ●近隣の屋根等から落雪のない場所を選んで設置してください。
    • ●組立の際、ボルト・ビスは規定本数を確実に締め付け固定してください。
    • ●アルミ製品と銅板やガラス等の異種金属が接触しないようにしてください。接触する場合にはビニールテープ等を貼るか、塗料等で絶縁処理をしてください。
    • ●片側支持タイプの場合、風にあおられない向きに取付けてください。
    • ●片側支持タイプに側面パネルを取付ける場合には、風が抜けなくなり、破損のおそれがありますので、必ず補助柱を取付けてください。
    • ●ガス器具等の排気により、アルミの塗装がはがれるおそれがあります。付近での設置は避けてください。

    このページのトップへ

    テラス囲い・温室

    使用上のご注意

    製品の破損などによる物の落下・人の転落・建物の損害等の危険がありますので、以下の使い方を守ってください。

    • ●屋根に乗ったり、または柱に登ったり、ぶら下がったりしないでください。
    • ●下表の積雪量になる前に、必ず雪下ろしを行ってください。
    雪下ろしの目安

    注:積雪量1cmあたり30N/㎡(3kgf/㎡)の単位量にて算出しています。地域・気候条件により単位量が異なりますのでご注意ください。

    • ●床に制限荷重1800N/㎡(180kgf/㎡)以上の荷重をかけないでください。商品が破損する恐れがあります。
    • ●天気の良い日や夏場は室温が上昇しますので、十分換気してください。
    • ●屋根には重量物を乗せたり、温水器・ソーラーパネルなどを設置しないでください。
    • ●商品に電線を巻き付けないでください。漏電により感電する恐れがあります。
    • ●除草剤及び殺虫剤などの化学薬品が付着しますと、変色及び腐食の恐れがありますので、洗い流してください。
    • ●木製家具等を長期間置くと、色あせ・そりが生じることがありますのでご注意ください。
    • ●使用状態により結露が発生することがありますので、カーペット等の使用及び洗濯物等の取扱いの際はご注意ください。
    • ●直射日光に当たると床材が退色する恐れがありますので、ご注意ください。
    • ●プラデッキ・フローリングの上で、シンナー・ベンジン・灯油等の溶剤類は使用しないでください。近くで火気の使用は避けてください。
    • ●床材表面がぬれている時は、滑りやすくなりますので注意してください。
    施工上のご注意
    • ●商品の施工については必ず取付説明書に従ってください。また、施工完了後に説明書を施主様にお渡しください。
    • ●設置する地域の気象条件に合わせて、適応したものをご使用ください。
    • ●商品は大屋根の雪が直接落ちない場所に設置するか、大屋根に雪止めを施してください。
    • ●ガス器具等の排気により、アルミの塗装がはがれるおそれがあります。付近での設置は避けてください。
    • ●吸水性・浸透性のある外壁材に施工した場合、外壁材が吸収した雨水等が、設置したテラス囲い屋根よりも下の部分から染み出す場合がありますが、テラス囲いの施工不良に起因するものではありませんので、ご了承ください。
    • ●通気工法の外壁材に施工した場合、通気層を伝った水が外壁材下部の水切り付近から排水されますが、テラス囲いの施工不良に起因するものではありませんので、ご了承ください。
    このページのトップへ